プロバイダのセキュリティサービスにメールの盗聴を防ぐものがあります。暗号を付すことによって防御します。

メールの安全性を保つプロバイダのセキュリティ
メールの安全性を保つプロバイダのセキュリティ

プロバイダのセキュリティでメールの盗聴を防御

企業などで、大事な話を会議室で行うことがあります。完全に密室になっていて、よほど大きな声出ない限り外には漏れないようになっています。大事な話をするときは、極力声を小さくして行っていることもあるようです。その内容については、社内に知られるのも問題ですし、社外にも知られては困ります。会議室を使っていれば安心と思っていたら、あることが発覚しました。なんとテーブルの裏に盗聴器が仕掛けられていたのです。誰が仕掛けたかなどはわかりませんが、大事な情報が漏れる可能性のあるものです。それからは、定期的に盗聴器の存在についてチェックされるようになりました。また大事な事項について、書類での確認をするようになりました。

電話などの盗聴については、ビジネスや政治のほか、一般家庭においても行われていると聞きます。プレゼントの中に盗聴器が入っていて、そこから発信されていることもあるようです。それを知るとショックに思うこともあります。電話が問題あるなら、電子メールを利用すれば良いと思うでしょう。言葉を話すから盗聴されるのですから、話さずに情報交換をすれば盗聴のしようがありません。パソコンであったり、スマートフォンからメールを使って大事な話をするようにしました。問題はなくなったと思っていたら、明らかにその内容を知っていると思われるダイレクトメールが届きました。何らかの方法でそのメールの内容が盗み見された可能性があります。

プロバイダのセキュリティサービスとして、メールの盗聴を防いでくれるものがあります。こちらについては、送信されるメールに対して暗号化するようになっています。暗号が付されているので、宛先になっていない人が見ようとしても見ることはできませんし、解読もできないようになっています。これによって、不正に見られることはなくなりました。電子メールはパソコンだけでなく、スマホからも使いますから、両方で使えるサービスです。

Copyright (C)2017メールの安全性を保つプロバイダのセキュリティ.All rights reserved.